クランクプーリー交換で復活

2008年10月16日

RIMG0176.JPG

一ヶ月前、クランクプーリーとクーリングファンの羽が接触し物凄い音を発する事態になり、その後プーリーの外輪をハンマーで叩き入れ(て言うか、入ってしまうこと自体が問題)騙し騙し乗ってました。
もちろん近所のお買い物のみ。

RIMG0170.JPG

安物のプーラーと新しいクランクプーリーを手に入れ、天気の良い今日やっと交換しました。


どういう状態だったかと言うと・・・

RIMG0189.JPGRIMG0185.JPG

クランクプーリーは軸とベルトの掛かる外輪の間にダンパーの役目をするゴム板が挟みこまれている。
いや、挟むといったレベルではなく圧入されている。
そのゴム板が経年変化により砕けたことにより、密着していた軸と外輪が緩み、外輪が前に飛び出てきてしまった模様。
で、クーリングファンとは1cm強の間隔があるにも係わらず接触してしまっていた。
古い車には良くあることで、最悪の場合ベルトも廻せなくなるらしいです。

RIMG0173.JPGRIMG0175.JPGRIMG0177.JPG

クランクプーリーにはサービスホールが空けられており、3穴にボルトを挿してプーラーが掛かるように出来ている。
安物のプーラーでも問題なく外れて一安心。
外したプーリーを見ると、やはりそれは11万km走った車の一部品でした。

RIMG0172.JPGRIMG0181.JPGRIMG0182.JPG

取り付けはクランク軸の凸部とプーリーの切り先を合わせ入れるだけ。
と言っても結構きっちり寸法が出ているのでスコンとは入らず、プラハンマーで外輪をコツコツと叩き入れた後、軸のボルトで締めこむ感じでした。
ベルトを掛け、ファンとの隙間もチェックしエンジンを始動。問題無し。
エアコン用ファンとアンダーガードを取り付け完了。

一ヶ月ぶりに復活しました。
posted by ハラダ at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして私もチェロキーのクランクプーリーがダメになって困っています。取り外し方や取付け方など宜しければ詳しくお教えして頂きたいのですが・・・至急ご連絡頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。
Posted by 尾崎 at 2011年12月19日 00:23
>尾崎さん
コメントありがとうございます。また返事が遅くなり申し訳ございませんでした。

このクランクプーリーの記事は検索される方が多く、私や尾崎さん同様チェロキーのウィークポイントのようですね。
尾崎さんもご自身で交換に挑戦されるのでしょうか?

さて取り外しや取り付け方についてですが、詳しく教えることは残念ながら控えさして頂きます。
理由として、尾崎さんが車両の構造や整備スキルがどの位なのか分かりませんし、かく言う私もあくまでド素人ですので。
また、既にチェロキーを手放して約2年になり何か質問されても検証が不可能ですし、記憶も曖昧になって来ているため何かあっても責任が取れません。
ごめんなさいね。

大雑把な作業の手順としては、
1、アンダーカバーを外す
2、電動ファン(冷却水用かAC用だったか不明)を外す
3、ファンベルトを外す
4、クランクプーリーを外す
新しいクランクプーリーを取り付けたらこの逆の順番でそれぞれを取り付けます。
細かい注意点は前述の通り、あえて書きません。

クランクプーリーを外すには、サービスホール対応のプーラーが必要です。
私は2000円弱のものを使用しましたが問題なく作業できました。

お伝え出来るのはこの位でしょうか?
Posted by ハラダ at 2012年01月02日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。