夏キャンプは近場で

2010年08月24日

R0013797.jpg

TVなどで今年のお盆は予想がつかない位の大渋滞が発生するだろう、との事前情報から、今年の夏キャンプは高速道路を使わずに行けるところを。
選んだのは長瀞オートキャンプ場
というか、相変わらず「何とかなるだろう」の精神から2日前に予約をして空いていたのがここくらいだっただけのこと。


R0013752.jpg特別早起きもせずR17〜R254〜R140とつなぎ約2時間弱で長瀞に到着。
さすが県内。
チェックインまでには時間があるので、石畳をぶらっと。
ついでに老舗な趣きのお蕎麦屋さん「はやし」で昼食。
冷やしとろろをつるっと頂いた。


R0013754.jpg

R0013764.jpgそして名物の天然氷を使ったかき氷を食べに阿左美冷蔵の本店へ。
お盆の時期は寶登山道店が休みのため、本店の店内で食べる人たちは40分待ちの行列でした。
我々は外で立ち食い。
高さ20cmほどのカキ氷を、テーブルの上に用意された数種類のシロップで自由に楽しむことができる。
ふんわりとしたカキ氷は、シロップをかけても形が崩れず、また食べ続けても頭がキーンとこないのが不思議。
子供でも軽〜く1杯を平らげてました。


R0013811.jpgR0013810.jpgR0013809.jpg

キャンプ場は長瀞市街から10分程度の荒川を挟んだ向こう側にある。
受付を済ますとサイト選びは自由である。
河川敷のオートサイトは広大な敷地を木やロープで区分けされているが、大きさがばらばらで、狭いサイトではタープ・テントそして車1台の駐車をどうやってするの?なんてところがある。

R0013800.jpg

いつもの友人家族と一緒なので、2サイトが続いているところを探し急いで設営。
キャンプ場に着く頃は雲行きが怪しくポツポツ落ちはじめていたので、今回は設営の面倒なスクリーンタープはやめて大きめのヘキサをチョイス。

R0013808.jpgR0013896.jpgR0013790.jpg

サイトの横はすぐ荒川が流れているが、今日は水遊びはやめて広いキャンプ場を探検。
普段目にすることができない生き物(主に爬虫類)を手に取りみんなで大騒ぎ。
私の少年時代は田んぼや草むらに普通にいた連中なんだけどね。

夕飯の頃には普通に雨。
何日も晴天&猛暑に辟易していたのに、よりによって外で過す日に降るとは。。。
でも、撤収時に晴れてれば問題なしです。

R0013771.jpg夕飯は手軽にBBQ
最近はこんなLowスタイルがお気に入りです。
そしてもう一つのお気に入りがクレイジーソルト
天然ハーブ入りの岩塩は何でもおいしくしてくれます。
タレに飽きたらこれはおすすめです。


R0013820.jpg

翌日は川で水遊び。
水質は・・・7月のキャンプの時の尾白川に比べるべくも無いが、そんな事を気にしないで十分遊べる。
3mほどの高さの崖から川に向かって飛び込めるところがあり、プールでは味わえない根性試しができた。
ここらは名物ライン下りのコースにもなっていて、遊んでるすぐ脇を観光客を乗せた船が通っていく。

R0013775.jpg


20100815134703(2).jpg

猛暑が復活した最終日はカヌー体験を予約していたが、先方の手違いによりキャンセル。
子供たちの希望によりライン下りを楽しんだ。
キャンプ場の対岸で、大声を張り上げながら記念撮影をしていたカメラマン氏に飛び切りの笑顔をプレゼント。

R0013910.jpg

そしてロープウェーで宝登山を上る。
長瀞は子供の頃から何度か来ているが、ここのロープウェーは初めて。
地上の猛暑が少しは凌げるかと思ったが、見事に期待はずれ。
より太陽に近づいただけのようでした。

帰る頃は高速はさぞ物凄い渋滞かと思ったら、関越道に至っては藤岡JCTで5km程度のみ。
あれだけTVで脅かしたせいで、高速の利用を控えた人が多かったのだろうか?
中央道だって八王子を先頭に10kmくらい。
情報操作って恐ろしい・・・
posted by ハラダ at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。