子供の日は近場でキャンプ#2

2011年05月09日

IMGP0422.jpg


秩父高原牧場を後にして山を反対側に下りると、15分程で目的地のキャンプ場に着いた。

お世話になったキャンプ場はおなじみの長瀞オートキャンプ場
秩父周辺では敷地が広くサイト数も1番多いのではないかと思う。
荒川沿いのオートキャンプサイトは、1区画が狭く最近はやりのドーム型タープの設営はかなり厳しい。
昨年の経験から、今回はひな段状になっているフリーサイトを選択。
水場も近く広々と使え正解だった。

IMGP0420.jpg

場内は木造のバンガローの他、このような電車の車体を改造したバンガローもいくつか設置されている。
大人数を収容できるバンガローがあるキャンプ場の常として、特にハイシーズンにおいては夜大騒ぎする輩が多いのが難点である。管理人も注意をしている様子は無かった。

IMGP0387.jpg

それほど気温が高くないのに子供たちは早速水遊び。

IMGP0460.jpg

夜は高級梅酒と牧場で買った落花生をつまみで話に花が咲く。

IMGP0456.jpg

夜のキャンプ場をパチリと。私の腕ではこれがベストショット。
精進に励みます。。。

IMGP0491.jpg

今回初めて使用した我が家の新兵器、コールマンのキャンプオーブン。
廃盤品ですが、かねてからカミさんの要望により某オクにて格安ゲット!
朝ご飯はこれで焼いたピザと、ダッジオーブンで焼いたパンをたらふく頂きました。

IMGP0534.jpg

IMGP0539.jpg

IMGP0541.jpg

昼前に撤収が完了しキャンプ場とお別れ。
現地での流れとノリでかき氷の阿佐美冷蔵へ。
前回は敷地の駐車スペースにて立ち食い状態だったけど、今回は和風なお庭で上品に頂くことに。
子供の日は気温が上がらず震えながら山盛りのかき氷を食べることとなりました。
相変わらず美味いんだけど頭がキーン!!真夏に食べた時は全く痛くならなかったのに、、、

帰りは飯能経由にて川口の我が家へ。
1泊でちょっと慌しかったけど充実した子供の日を過ごすことが出来ました。
posted by ハラダ at 01:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変お世話になりました。一泊キャンプは慌ただしくなりがちですが、とても充実した愉しいキャンプでした!ベリーサンクス!

ヒトの寄り付かないシブいキャンプ場を捜したいと思います!
Posted by 東本郷 at 2011年05月10日 19:20
>東本郷さん
こちらこそお世話様でした。

>>ヒトの寄り付かないシブいキャンプ場
たまには大人だけで楽しむキャンプをしたいです。
いわゆる野営!
Posted by ハラダ at 2011年05月10日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199976198

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。