夏キャンプは那須で

2011年08月18日

IMGP1382.jpg

夏季休暇を利用し、家族で那須へキャンプに行ってきました。

那須方面でのキャンプは2007年2008年に続き3年ぶり。
夏の那須はに暑い!!というか、高原と名乗っているのにイメージほど涼しくない印象を持っていましたが、今年も思ったとおりとてもアツうございました。



IMGP1252.jpg

今回利用したのはファミリーパーク那須高原とういうキャンプ場。

場内の風呂やシャワーが朝から夜まで何度でも入れることと、水遊びを含め子供向け遊びの施設がそれなりにあることが選択の理由でした。
しかし、いつもの如く間際になってのキャンプ場探しでしたが、サイトの予約に十分空きがあったのは原発事故の風評も関連してたのだろうか・・・

IMGP1298.jpg

今回は2泊の予定で、息子と娘両方の同級生家族が1泊だけ合流した。
電源無しのテントサイトは我々以外に利用者がいないのでほぼ貸切状態。
広々と使えたのはいいのだが、何しろサイト周りには日光をさえぎる木々が植えられておらず、滞在中は風もあまり吹かなかったので、ビニールハウス化したスクリーンタープの選択は初キャンプの同級生家族の虫対策とはいえ失敗だったのかも。
どうせ広く使えたのだから、ヘキサと併用すればよかった。

IMGP1251.jpg

ここのキャンプ場はキャンピングカーの販売会社が親会社なので、写真のような大型のトレーラーハウスが常設され、またモーターホーム専用のサイトとオートキャンプ用サイトの殆どが電源付きである。

IMGP1250.jpg

娘たちは早速場内の小川で水遊び。
水深は浅いが水はきれいです。

IMGP1250.jpg

息子たちはおもしろ自転車コーナーで遊び始める。
しかし確かに色々な自転車はあるのだが、まともに動かせる物が数えるほどなのが残念でした。
冒頭のゴルフカートは場内で自己責任の約束にて貸し出ししてもらい、遊園地では味わえないエンジン付き自動車を自由に楽しんでました。もちろん親の監視の元でね!

IMGP1261.jpg

夕飯は久々にDOを出動。
焚き火台を持っていかなかったので下火はコールマン400Aにて。
網を敷き、鶏腿肉をクレイジーソルトの下味のみで下火で30分ほど焼く。
そして、たまねぎ、ジャガイモ、にんじん、とうもろこしを適当に切り鶏肉に被せる様に敷き詰め塩コショウ。
蓋にはオキ炭にて上下から焼くこと30分。

IMGP1277.jpg

出来上がったのはなんと言う料理名か知りません。
カミさんがどこかのサイトで見つけた簡単料理でしたので。。。
しかしやはりDOはすごい!
こんなアバウトな料理なのに濃厚な野菜の味とさっぱりとした鶏肉をおいしく戴けました。
そして下に溜まった汁はスープの素にもなったし。

#2へ続く








posted by ハラダ at 02:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味そうですね〜。
とうもろこしの黄色が鮮やかですね。
Posted by 東本郷 at 2011年08月18日 17:10
重たいけど持って行って良かったです。

東本郷さんも是非鉄鍋でやってみてくださいませ。
Posted by ハラダ at 2011年08月18日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広島県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 広島県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-06-06 12:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。