晴天!!!

2007年08月19日

記録的な猛暑の中、2泊3日でキャンプをしてきた。

DSC03046.jpg

今回はちょっと足を運んで那須方面へ。
訪れた所はこっこランド那須F.C.Gというキャンプ場。
川で水遊びと昆虫採集、そして場内に露天風呂があるという事で、今回のキャンプ場選びはカミさんに全てお任せ。

DSC03044.jpgここのキャンプ場は、すぐ脇を余笹川が流れていて、その川傍のサイトと森林サイトに大きく分かれる。
予約の段階で川のそばが良かったのだが、生憎予約が一杯との事で電源無しの森林サイトを選択。しかしこれが正解だった。
今回の初日は友人家族がデイキャンプで参加したので、2家族用の広いサイトを借りることができて、しかも猛暑は那須高原でも一緒で、日陰の少ない河畔サイトは容赦なく日が照り付けられていて、UVカットのタープも気休め程度に思えた。


kid.jpg父ちゃん達が基地の準備をしている間、子供達は早速川に入り、また、場内の池で釣りを楽しんでいた。
ここの池にはニジマスが放されているが、釣竿、餌はもちろん有料で、しかも釣れた場合も同様である。
今回は2匹釣れたので夜のメニューが一つ増えた。
また、以前から持っていたハンモックをやっと使える機会ができて、子供たちも大喜びだった。

fish.jpg釣った魚は早速荒塩で揉み、ついでに用意していたマグロのカマも塩もみ。
海釣りが趣味の友人は、こんなこと朝飯前のようにこなしていく。
魚が苦手(触るのが)な私はタダタダ尊敬です。
そうそう、キャンプ場に行く前に寄った黒磯に近いマックスバリューは、BBQ用の食材でも特に海鮮物がかなり充実していたので、こっち方面ではお勧めかも。
友人家族とは22時位まで盛り上がり、埼玉方面へ向かう。
このキャンプ場は東北道「那須高原SA」からすぐの所なので、ETCを装備している車ならここのSAで出入りすることも出来大変便利である。

kids2.jpg翌朝は6時頃起床。朝靄が立ち込める中朝の散歩をする。
思いっきり深呼吸すると、体の全てが浄化されるようで実に気持ちがいい。
コーヒーを飲んでいると子供たちも起きてきた。
朝食を済ませた頃にはかなり陽射しが強くなりはじめ、子供達は水着に着替える。
前日付き合えなかった水遊びに私も参加。思いのほか水がきれいなのに驚いた。
水着は子供たちの分しか用意してなかったのだが、足まで浸かっているだけでは気が済まなくなり一緒に戯れることに。
刺すような陽射しに火照った皮膚を心地良く冷やしてくれる。

d.jpgあっという間に午後になり昼食を済ませた後は一人だけのお昼寝タイム。
新調したテントの出入り口や窓、天井部を全て網戸にして高原の乾いた風を程よく感じながらの昼寝は最高だった。
その間息子たちは虫取り。10匹以上のトンボを捕まえてた。
ヒグラシが鳴き始める頃子供たちも交えて夕食の準備を始める。メインのメニューは定番のカレーライス。前日のBBQで余った肉は全てカレーの具となった。
今回のキャンプではクッカーも新調した。以前から欲しかったユニフレームのfan5DX というタイプで、ご飯が簡単に美味しく炊けるライスクッカーがセットになっている。
もちろんカレーもご飯も美味しくできた。
夕飯後は花火。指定された場所でしかできないので、同じ時間帯に他の家族も続々と集る事に。一斉に始まった花火のせいで、もの凄い煙の量となり、咳き込む子供達はひたすら火をつけ消化させている感じでもあった。
手持ち花火がなくなる頃、キャンプ場から程近いりんどう湖あたりから打ち上げ花火が上がっていた。
この後は場内設備の露天風呂に浸かりしばしのまったりタイム。
皆がテントに入ってからも一人ビールを片手にランタンの下で読書などをしていた。

L.jpg最後の朝も6時頃起床。
チェックアウトは11時と決まっているので、朝食を適度に済ませ撤収にかかる。
キャンプ場を後にしてからの予定は全く立てていなかったので、とりあえずうまい牛乳を飲む、うまいアイス(ジェラートも含む)と日本そばを食べたいと言う目的でなんとなく西那須野方面へ向かう。
結局牧場などには立ち寄らず、道の駅:那須高原友愛の森で全て達成してしまった。
その後は、こっち方面に来たらついでに寄ってみたかった、塩原ダム湖にかかる「もみじ谷大吊橋」へ。
この橋は無補剛桁歩道吊橋としては日本一の長さで、1.5m幅の橋が320m続く。
橋の真ん中辺ではかなりの揺れを感じた。
因みに写真の男性はカミさんの兄貴で、キャンプ前日にドタ参表明。
対岸まで渡りきると猿回し芸の猿が出迎えてくれた。
この写真では娘が耳をかじられているように見えるが、これはパフォーマンスの一つ。多彩な芸で通行人を楽しませていた。
橋の付近では相当数の赤とんぼが舞っていて、指を立てれば警戒も無く指先に止まってくれる。
厳しい残暑ではあるが、秋もすぐ其処の様である。
posted by ハラダ at 02:05 | Comment(6) | TrackBack(5) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
森林で避暑&川遊びも楽しめて素敵なキャンプだったようですね。
お子さん達は良い思い出ができたことでしょう。
fan5のセットはうちもありますが(随分使っていない)、美味しく炊けるので優れものですね。
Posted by きーじぇい at 2007年08月19日 23:33
今年は海にいけない分、プールでは味わえない水遊びをさせたくてここのキャンプ場を選びました。
fan5は、徐々に増えてきた荷物を少しでも減らす目的で購入しました。今まで活躍してた圧力鍋は引退させます。
Posted by ハラダ at 2007年08月21日 00:01
楽しそうですね〜。
最近はキャンプどころかBBQもしてないです・・・。
久しぶりに行きたいですねぇ〜。
Posted by おかちゃん at 2007年08月24日 16:29
じゃあ、キャンプでBBQしますか?
Posted by ハラダ at 2007年08月25日 00:23
いいですね!
朝霧は行かれるのですか?
Posted by おかちゃん at 2007年08月27日 12:23
いいえ。申し込んでません。
MLも遠ざかってしまいました・・・
Posted by ハラダ at 2007年08月27日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51872892

この記事へのトラックバック

送料無料■ユニフレーム[UNIFRAME]660232
Excerpt: 炊・焼・茹・揚・蒸・炒・煮全てをこなすオールインワンクッカー。ステンレス大鍋/φ230×145mm・5.5リットルステンレス片手鍋/φ170×90mm・2リットルライスクッカーDX/φ210×115m..
Weblog: クッカーの厳選紹介
Tracked: 2007-08-20 09:09

ユニフレームが最高によかった
Excerpt: 炊・焼・茹・揚・蒸・炒・煮全てをこなすオールインワンクッカー。ステンレス大鍋/φ230×145mm・5.5リットルステンレス片手鍋/φ170×90mm・2リットルライスクッカーDX/φ210×115m..
Weblog: クッカーのレビュー
Tracked: 2007-08-21 05:14

ユニフレーム 芯抜きピーラー【817SAPT21
Excerpt: 〜 皮むき・芯抜きができる2WAYツール 〜 野菜の皮を手軽に薄く剥けるピーラー部と、りんごの芯を手軽に抜ける「芯抜き」機能がドッキングしました。握りやすく滑りにくいハンドルデザイン。「ナイフケース」..
Weblog: クッカーの1日
Tracked: 2007-08-22 10:11

ユニフレーム(UNIFLAME) トレイルコッヘルS
Excerpt: /g1032/g202/g301/納期のご確認はこちらから在庫状況・納期の目安の確認 (※ご確認には商品番号が必要です。)【商品番号は 441775 です】上記のリンクより現在の在庫状況、納期の目安を..
Weblog: クッカーの1日
Tracked: 2007-09-10 09:10

ユニフレーム スライド泡たて【A0906SA】
Excerpt: 粉などが「だま」になりにくい先端部は、かき混ぜやすく、洗いやすい形状。ハンドルエンドにはフックが付いており、置き場所にも困りません。■材質/18−8ステンレス■サイズ/31cm■重量/70g・・ ライ..
Weblog: クッカーの感動
Tracked: 2007-09-11 01:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。